立替払い方式で現金管理をカンタンに

個人事業には当然現金のやり取りも出てきますが(生活費を引き出す、事業用の支払いをする等々)、帳簿上から「事業用」と「個人用」で現金を分けると、非常に経理が面倒になります。

 

現金の管理には「現金出納帳」でお金の出入りを記帳する必要がありますが、財布の中のいくら分が事業用のお金か、先週口座から引き出した分は事業用で記帳、今週引き出した分は個人用、通帳と現金が合わない等々、手間ばかり掛かります。

そこでおすすめなのが「立替払い方式」です。

 

立替払い方式とは

事業用の現金は持たずに、引き出したお金はすべて個人のお金(事業主貸)として記帳します。
事業用に支払いが必要になった際は個人のお金から支払い(事業主借)として記帳します。

支払いはすべて個人の現金から!現金を事業用と個人用に分ける必要がなくなります!

 

仕訳例

1.事業用の口座から生活費300,000を引き出す

借方 貸方
事業主貸 300,000 普通預金 300,000

現金を引き出すときは全て個人用(事業主貸)

 

2.備品1万円を現金で購入

借方 貸方
消耗品費 10,000 事業主借 10,000

現金で支払う際のお金の出所はすべて個人のお金(事業主借)
こうすれば帳簿上に「現金」という勘定科目は出てきません。

 

また、出所が個人なら「現金払い」でも「カード払い」でも「口座引き落とし」でもすべて『事業主借』で記帳します。ラクチンですね。

 

仕訳例

備品1万円分を個人のクレジットカードで購入。

借方 貸方
消耗品費 10,000 事業主借 10,000

 

立替払い方式について、理解できましたでしょうか?
IT系フリーランスやデザイナー・ライターなどの個人事業主であれば、この「立替払い方式」のほうが経理・仕訳がラクではないでしょうか?
※商店等は現金が必要かと思われます。

 

簿記・経理への理解が深まってきたら、会計ソフトにどんどん入力して確定申告に備えましょう。

 

【基本無料のおすすめ会計ソフト】

関連ページ

簿記とは?仕訳と借方・貸方
ここでは、仕訳の基本ルールと借方・貸方について説明します。個人事業主や副業サラリーマン向けに簡易的にまとめています。
事業のお金と個人のお金を分けよう|事業主貸と事業主借
個人事業主・事業所得者が知っておくべき簿記の知識。ここでは事業のお金と個人のお金を分ける簿記の勘定科目「事業主貸」と事業主借」について解説します。
複式簿記・青色申告に必要な帳簿
複式簿記で必要な帳簿について解説します。売掛帳や現金出納帳など、いろいろな帳簿がありますが、青色申告時に必須の帳簿は?
複式簿記の発生主義
複式簿記は「発生主義」で記帳するよう定められています。しかし、そもそもこの「発生主義」とは?個人事業主・副業サラリーマン向けに解説します。
10万円以上は減価償却資産、但し30万円未満は特例措置あり
減価償却資産とは一体なんでしょうか?個人事業主・フリーランスもきちんと理解しておかないと、確定申告で間違えることになりかねません。高額の備品を購入するときは注意。