赤字が出た!

「1年間、事業をして今年は赤字が出た!」ということがあるかもしれません。そのときの確定申告はどうしたらいいでしょうか。
ここでは、赤字が出たときの確定申告についてみていきます。
赤字

 

確定申告をしないといけない人

「確定申告をしないといけない人」とはどのような人でしょうか。
→実は、「納める税金」がある人です。
つまり、納める税金がない人は確定申告をしなくてもよいことになっています。
例えば、赤字の人や、事業は黒字だが社会保険料(健康保険、厚生年金)などの控除を引くと納める税金がない人などは、確定申告しなくてよいことになっています。

 

赤字なら確定申告はしなくてもよい

 

それでも、個人事業主は赤字でも確定申告するべき!!

まず記帳についてです。
赤字の場合は確定申告しなくてもよいですが、日々の取引を記帳する義務はあります。そのため、確定申告をしなくても、帳簿類は記帳・保存してください。

 

次に確定申告です。
青色申告の場合、その年に出た赤字は翌年以降3年間繰り越すことができます。
翌年以降に黒字が出ると、その黒字と赤字を相殺することができます。

 

例)去年60万円の赤字が出たが、今年は黒字が200万円出た。
所得控除は0円としたときの税金はいくらでしょうか。

 

・去年に赤字の申告をしている場合
 今年の黒字200万円と去年からの赤字60万円を打ち消すことができます。
 そのため200万円−60万円=140万円に税金がかかります
 税額の計算
 (200万円−60万円)×5%=7万円

 

・去年に赤字の申告をしていない場合
 この場合は今年の黒字200万円そのものに税金がかかります
 税金の計算
 200万円×10%−97,500円=102,500円

 

税率が変わっているのは、所得税は所得が大きくなるほど高い税率になるためです。
上記の例では、赤字の申告をしているケースが申告をしていないケースより32,500円の節税になります。

 

特に開業1年目などは開業のための費用が大きくなり、赤字になることが多いです。
しかし、翌年以降に利益が大きく出るということもあります。翌年に黒字が出るか今年の時点ではわからないと思いますが、それゆえに赤字でも確定申告しておいた方が安全です。

 

注意点

  • 損失の繰り越しは青色申告の特典のため、白色申告ではできません。
  • 損失の申告をする場合は、所得税確定申告書Bで第一表、第二表のほかに第四表を提出する必要があります。

 

では、
事業所得で損失が出たが、同じ年に給与所得と株の売却による黒字があったときはどうなるのでしょうか。

 

事業所得で損失が出たが、同じ年に給与所得と株の売却による黒字があったとき

この場合の手順は、
@まず、事業所得の赤字と給与所得の金額を相殺します。

 

A給与所得≧事業所得の赤字の場合
 この場合は翌年以降に繰り越す赤字はありません。
 そのため損失申告はしません。すでにお給料から天引きされている源泉徴収税が、事業所得の赤字分戻ってきます。

 

B給与所得<事業所得の赤字の場合
 この場合は相殺してもまだ事業所得の赤字が余るので、余った赤字を翌年に繰り越します。

 

上記の説明で株売却の黒字には一切触れていません。
これは事業所得の赤字を相殺できる所得とできない所得があるからです。
事業所得の赤字が相殺できるもの(翌年以降の黒字も含む)
事業所得、不動産所得、給与所得、雑所得など

 

事業所得の赤字が相殺できないもの
株の売却益、土地・建物の売却益、先物取引の差益など

 

事業所得の赤字を他の所得の黒字と相殺することを「損益通算」といいます。

 

申告するのを忘れたら…

もしも期限内に申告するのを忘れたら…。赤字の場合は確定申告をする必要はありません。しかし、青色申告の場合は赤字でも申告した方が節税になります。

 

では、確定申告するのを忘れたらもう手はないのでしょうか?

実はあります。それが「期限後申告」です。

 

昔は期限後に申告しても、赤字の繰り越しは認められませんでした。
しかし平成23年度の税制改正で、期限後に申告しても認められるようになりました。もし、去年の申告をしていない人は今からでも行いましょう。

 

【赤字も黒字もバッチリ管理できる、基本無料の会計ソフト】

関連ページ

個人事業主・フリーランスが青色申告を選ぶべき理由と、3つの注意点
個人事業主・フリーランスが、わざわざちょっと手間が増える「青色申告」を選ぶのはなぜでしょうか? ここでは、その理由と『3つの注意点』をご紹介します。
1年目の個人事業主 フリーランスが白色申告を選ぶ理由
独立したばかりの個人事業主・フリーランスが、1年目の確定申告に白色申告を選ぶことが多いのはなぜでしょうか?節税メリットを考えると、青色申告のほうがお得では? ここではその理由と、白色申告のやり方をご紹介します。 ここでは、その理由と『3つの注意点』をご紹介します。
個人事業主の確定申告【絶対必須】の提出書類とその書き方
個人事業主の確定申告には白色申告と青色申告がありますが、それぞれどんな書類を提出すればよいのでしょうか?その書き方までご紹介!
個人事業主なら絶対忘れちゃいけない!!確定申告の時期と期限
確定申告の時期はいつからいつまで?提出の期限は?? 個人事業主なら絶対忘れてはいけない、確定申告の時期と期限、提出方法についてまとめました!
フリーランスの確定申告はいくらから?収入基準と不要となるライン
フリーランスの確定申告は、いくら稼いだら必要なのでしょうか?ここでは、収入の基準と、確定申告が不要となるラインを説明します。
そもそも確定申告って何?
個人事業主・フリーランスに必要な確定申告。いや、独立して、なんとなくやらなきゃいけないとはわかるけど、そもそも「確定申告」とは?
青色申告承認申請書の書き方と提出期限・郵送先
節税を考えたら、白色申告よりもやっぱり「青色申告」!青色申告するには事前に『青色申告承認申請書』の提出が必要です。申請書の入手方法と書き方。そして、提出期限と提出先(郵送先)をご案内。
2016年(平成28年)確定申告の期間はいつからいつまで
2016年(平成28年)確定申告の期間はいつからいつまででしょうか?申告の期間と、提出方法・所轄税務署について
個人事業の報酬も会社給料も両方ある、申告は?|事業所得と給与所得
個人事業主・副業サラリーマンの確定申告・青色申告について。事業の報酬も、会社からの給料も、両方もらっている場合はどうすればいいのでしょうか?事業所得と給与所得についてご説明いたします。
青色申告のメリット1|65万円控除で節税!青色申告特別控除
節税のためには白色申告よりも青色申告!どんなメリットがあるか、ここでは青色申告特別控除についてご説明します。
青色申告のメリット2|家族への給与を経費に!青色事業専従者給与
節税のためには白色申告よりも青色申告!どんなメリットがあるか、ここでは家族への給与を経費にする「青色事業専従者給与についてご説明します。
確定申告が必要な人|税金が戻ってくる人と申告義務がある人
所得のある人全てに確定申告が必要なわけではありません。では、確定申告が必要な人はどんな人でしょうか?副業サラリーマン等、申告義務がある人と、確定申告すれば税金が戻ってくる人についてまとめています。
確定申告は難しい?自力で頑張る方法と、丸投げする方法
確定申告は難しい?--白色申告なら簡単。青色申告ならちょっと難しいですが、今は賢い会計ソフトがあります。自力で申告する方法と、全部丸投げする方法をご紹介します。
確定申告が間に合わない|怖いのは延滞税より、節税メリットの消失!
確定申告が間に合わないと、どんなリスクがあるのかと、最後に駆け込みでなんとかするについてご紹介しております。
確定申告がわからない|簡単に済ませる方法と、シッカリ節税する方法
確定申告がわからないとお悩みの方へ。簡単に済ませる方法と、シッカリ節税する方法を、具体的にご説明します。
確定申告しない|バレる?バレない?バレたらどうなる?
確定申告、とっても面倒ですが、もし「しない」とどうなるのでしょうか? バレるのか?バレないのか?そして、バレたらどうなるかをご紹介します。
せどりの確定申告|事前準備とおすすめの申告方法
せどりで稼いだら、その稼いだ額によって「確定申告」が必要となります。何の準備も無しに確定申告を迎えると大変です。事前準備の方法と、おすすめの申告方法をご紹介します。
アフィリエイトの確定申告|マジで税務調査来るぞ!申告しよう。
アフィリエイトで稼いだら、その稼いだ額によって「確定申告」が必要となります。アフィリエイト報酬は銀行口座振込なのでデータも明確、税務署も簡単に追いかけられます。マジで税務調査が来た知り合いもいます。準備と申告方法をご案内します。
オークションの確定申告|利益の種類と、申告の必要性
単に私物をネットオークションで処分するのと、事業として仕入れ→転売するのでは税処理上、扱いが異なります。 利益の種類と申告の必要性、そして具体的な申告方法をご案内します。