確定申告が間に合わない時のリスク・デメリット

提出期限

面倒で手間のかかる確定申告ですが、期限は延ばしてもらえません。毎年変わらず、以下の期日までに提出する必要があります。

毎年3月15日(土・日曜および祝日の場合は翌日)

 

では、間に合わないで期限を過ぎると、どんなリスク・デメリットがあるのでしょうか?
遅れて納税すること(期限後申告)もできますが、「無申告加算税」や「延滞税」が加算されます。
でもそれよりも怖いのは・・・

 

確定申告間に合わない

 

リスク・デメリット

節税メリットの消失

もともとたいした納税額じゃないし、延滞税を払えばいいやと甘く考えていると、大きなメリットを失うかも知れません。それは・・・
「青色申告特別控除65万円が適用されなくなる!」ことです。

 

青色申告の大きなメリットである65万円の特別控除ですが、期限を過ぎると適用されません!
青色申告でも10万円の控除のみとなってしまいます。

 

節税のためにせっかく複式簿記で記帳しても、期限を過ぎたら台無しです。

 

無申告加算税

申告しないままだと、原則として「無申告加算税」が課せられます。
(納めるべき税額のうち50万円までは15%、51万円以上の部分は20%の割合を乗じて合算した金額)

 

ただし、税務調査が入る前に自主的に「期限後申告」した場合、条件を満たせば無申告加算税は課されません。

 


(注)期限後申告であっても、次の要件をすべて満たす場合には無申告加算税は課されません。

 

その期限後申告が、法定申告期限から1月以内に自主的に行われていること。
期限内申告をする意思があったと認められる一定の場合に該当すること。
なお、一定の場合とは、次の(1)及び(2)のいずれにも該当する場合をいいます。
(1)その期限後申告に係る納付すべき税額の全額を法定納期限(口座振替納付の手続をした場合は期限後申告書を提出した日)までに納付していること。
(2)その期限後申告書を提出した日の前日から起算して5年前までの間に、無申告加算税又は重加算税を課されたことがなく、かつ、期限内申告をする意思があったと認められる場合の無申告加算税の不適用を受けていないこと。
(※国税庁ホームページより引用)


もし期限を過ぎてしまう場合には、せめて1ヶ月以内に期限後申告を済ませましょう!

 

延滞税

確定申告書の提出期限=税金の納付期限です。これに遅れているので、原則として延滞税も課せられます。
この延滞税ですが、2ヶ月以内までは税率が低く抑えられています。こちらも期限を過ぎてしまう場合には、せめて2ヶ月以内に期限後申告をしましょう。

 

※延滞税の計算方法について(国税庁ホームページ)

確定申告が間に合わない時の対策・対処

確定申告の期限を過ぎてもいいことはありません。
無申告加算税+延滞税で税額は高くなるし、青色申告なら節税メリットも失われます。

 

では、何とか期限に間に合わせる方法は無いでしょうか?

 

プロに丸投げ

【税理士無料紹介サービス】
税理士って高いの??
コーディネーターに聞くのが早い!簡単なメールフォームに入力するだけ↓↓

自力じゃもう無理!間に合わない!という方は、いっそプロに丸投げする方法もあります。
期限ギリギリでも相談に乗ってくれる税理士さんもいますし、とりあえず今回の確定申告だけ、といった依頼をされる方もいます。

 

未完成のまま提出する

とりあえず作成途中でも、まずは期限内に申告書を提出してしまいます。
※所得0円で申告書だけ出す荒技も(この場合は窓口で受取拒否されないよう、郵送による提出がよいでしょう)。

 

無茶苦茶ですが、これでも期限内に申告だけはしたことになるので、「無申告加算税」からは逃れることができます。
※当然、後日「修正申告」することが前提です。税務調査の対象とならないよう早めに修正申告しましょう。

 

ただし、「青色申告特別控除65万円」については適用されなくなる危険性があります。

青色申告するためには複式簿記で記帳した上で、「貸借対照表」を含めて記載・提出する必要があります。
これが正しくない、という事になりますので、「青色申告特別控除が適用されなくなる可能性も無きにしもあらず」とのことでした。
※税務署窓口で質問した際に、上記のような返答をされました。

 

やっぱり、期限内に申告するのが一番ですね

 

 

 

確定申告が間に合わない時のリスク・デメリットと、対策についてご紹介しました。

 

最近は口座データの自動取込機能など、便利な機能を備えた「クラウド会計ソフト」もあります。
=数字の入力間違い無し!1件1件入力する手間も無し!
無料で試せるので、一度登録してみるのも良いかも知れません。

関連ページ

個人事業主・フリーランスが青色申告を選ぶべき理由と、3つの注意点
個人事業主・フリーランスが、わざわざちょっと手間が増える「青色申告」を選ぶのはなぜでしょうか? ここでは、その理由と『3つの注意点』をご紹介します。
1年目の個人事業主 フリーランスが白色申告を選ぶ理由
独立したばかりの個人事業主・フリーランスが、1年目の確定申告に白色申告を選ぶことが多いのはなぜでしょうか?節税メリットを考えると、青色申告のほうがお得では? ここではその理由と、白色申告のやり方をご紹介します。 ここでは、その理由と『3つの注意点』をご紹介します。
個人事業主は【赤字】でも確定申告するべき!?その訳は??
個人事業が赤字となることもありますが、こんなとき確定申告する必要はあるのでしょうか?所得が0なら不要?!それでも確定申告すべき訳は?
個人事業主の確定申告【絶対必須】の提出書類とその書き方
個人事業主の確定申告には白色申告と青色申告がありますが、それぞれどんな書類を提出すればよいのでしょうか?その書き方までご紹介!
個人事業主なら絶対忘れちゃいけない!!確定申告の時期と期限
確定申告の時期はいつからいつまで?提出の期限は?? 個人事業主なら絶対忘れてはいけない、確定申告の時期と期限、提出方法についてまとめました!
フリーランスの確定申告はいくらから?収入基準と不要となるライン
フリーランスの確定申告は、いくら稼いだら必要なのでしょうか?ここでは、収入の基準と、確定申告が不要となるラインを説明します。
そもそも確定申告って何?
個人事業主・フリーランスに必要な確定申告。いや、独立して、なんとなくやらなきゃいけないとはわかるけど、そもそも「確定申告」とは?
青色申告承認申請書の書き方と提出期限・郵送先
節税を考えたら、白色申告よりもやっぱり「青色申告」!青色申告するには事前に『青色申告承認申請書』の提出が必要です。申請書の入手方法と書き方。そして、提出期限と提出先(郵送先)をご案内。
2016年(平成28年)確定申告の期間はいつからいつまで
2016年(平成28年)確定申告の期間はいつからいつまででしょうか?申告の期間と、提出方法・所轄税務署について
個人事業の報酬も会社給料も両方ある、申告は?|事業所得と給与所得
個人事業主・副業サラリーマンの確定申告・青色申告について。事業の報酬も、会社からの給料も、両方もらっている場合はどうすればいいのでしょうか?事業所得と給与所得についてご説明いたします。
青色申告のメリット1|65万円控除で節税!青色申告特別控除
節税のためには白色申告よりも青色申告!どんなメリットがあるか、ここでは青色申告特別控除についてご説明します。
青色申告のメリット2|家族への給与を経費に!青色事業専従者給与
節税のためには白色申告よりも青色申告!どんなメリットがあるか、ここでは家族への給与を経費にする「青色事業専従者給与についてご説明します。
確定申告が必要な人|税金が戻ってくる人と申告義務がある人
所得のある人全てに確定申告が必要なわけではありません。では、確定申告が必要な人はどんな人でしょうか?副業サラリーマン等、申告義務がある人と、確定申告すれば税金が戻ってくる人についてまとめています。
確定申告は難しい?自力で頑張る方法と、丸投げする方法
確定申告は難しい?--白色申告なら簡単。青色申告ならちょっと難しいですが、今は賢い会計ソフトがあります。自力で申告する方法と、全部丸投げする方法をご紹介します。
確定申告がわからない|簡単に済ませる方法と、シッカリ節税する方法
確定申告がわからないとお悩みの方へ。簡単に済ませる方法と、シッカリ節税する方法を、具体的にご説明します。
確定申告しない|バレる?バレない?バレたらどうなる?
確定申告、とっても面倒ですが、もし「しない」とどうなるのでしょうか? バレるのか?バレないのか?そして、バレたらどうなるかをご紹介します。
せどりの確定申告|事前準備とおすすめの申告方法
せどりで稼いだら、その稼いだ額によって「確定申告」が必要となります。何の準備も無しに確定申告を迎えると大変です。事前準備の方法と、おすすめの申告方法をご紹介します。
アフィリエイトの確定申告|マジで税務調査来るぞ!申告しよう。
アフィリエイトで稼いだら、その稼いだ額によって「確定申告」が必要となります。アフィリエイト報酬は銀行口座振込なのでデータも明確、税務署も簡単に追いかけられます。マジで税務調査が来た知り合いもいます。準備と申告方法をご案内します。
オークションの確定申告|利益の種類と、申告の必要性
単に私物をネットオークションで処分するのと、事業として仕入れ→転売するのでは税処理上、扱いが異なります。 利益の種類と申告の必要性、そして具体的な申告方法をご案内します。