税理士に頼むのを止めて、自分で確定申告した体験談

卸売関係の自営業を営んでいますが、独立した当初は知り合いから紹介された税理士に税金関連のことはお任せしていました。青色申告での確定申告でしたが、5年以上はお願いしていたのですが、自分で確定申告をしてみようと考えだしたのは理由が二つありました。

 

一つは税理士に支払う報酬がその仕事量との兼ね合いを考えてみれば高く、報酬額も経営の重しになっていたことと、もう一つはパソコンが普及することによって簡単に青色申告や確定申告ができるソフトが充実してきたことにあります。それに国税庁もパソコンでの申告がしやすいような環境を整えているということもありました。自分でパソコンで申告をすることは当然の流れとなってきたといえるかもしれません。

 

それでも、思い立ってから実際に自分で確定申告をするまでには2年ほどの準備期間が必要でした。そして、何とか自分でも可能だという自信ができたので、税理士をやめて自分ですることにしたのです。

 

それまでは青色申告でも複式簿記で帳簿類を記帳していなかったので、10万円の控除しか受けられませんでしたが、それを65万円の控除を受けるために複式簿記での帳簿にしました。

 

さすがに複式簿記の心得はありませんでしたので、パソコンソフトにて打ち込むだけで複式簿記での記帳ができるのですが、その数字の持つ意味はなかなか理解することができませんでした。それでも何年も続けてやっていれば、だんだん理解できるようになってきましたし、自分で青色申告や確定申告をしているうちに今やっている経営にとって何が足らなくて、何が無駄なのかがわかってきました。これは初めは考えていなかったメリットといえるでしょう。

 

もちろん、税理士報酬がなくなったことと、65万円の控除は大きなコスト削減になりました。

自営業のAさんに、確定申告の体験談をお伺いしました。

 

会計ソフトは、パソコンにインストールして使用するタイプから「クラウド会計ソフト」に乗り換えたそうです。
口座データの自動取り込みなど、以前よりも便利になって記帳もラクになったそうです。

 

【おすすめのクラウド会計ソフトはコチラ】

関連ページ

扶養内で開業できる?!
旦那の扶養に入ったまま個人事業主として開業した女性の確定申告・青色申告の体験談です。 扶養内のまま開業できる?のでしょうか?
白色申告から会計ソフトを使って青色申告に切り替えた体験談
フリーランスのインストラクターが、白色申告から青色申告へ切り替えた体験談をお届けします。 どんな風に勉強して、どんな会計ソフトを使ったのでしょうか?
個人事業主が税理士からクラウド会計ソフトに乗り換えた体験談
年に一度の確定申告。とっても手間がかかりますが、どのように処理していますか?ここでは、個人事業主が税理士任せからクラウド会計ソフトへ切り替え、自力で青色申告した体験談をご紹介します。
法人経営者が新規事業を個人事業として開業、選んだ会計ソフトは?
7年間法人を経営する経営者が、新規事業を個人事業として立ち上げた際に使用した会計ソフトは? ここでは実際の体験談をお届けします。