法人経営者が新規事業を個人事業として開業、選んだ会計ソフトは?

私は独立して1年目の個人事業主です。また、以前より法人を1つ経営しており、今回新しい部門を個人事業として立ち上げました。

 

法人の方は決算申告のみ税理士事務所にお願いしております。私が税理士さんにお願いしたのはそれなりに経緯があります。
法人の方は現在7年目になりますが、設立当時は会計のド素人だったのです。最初はJDLを使っておりましたが対応していない税理士さんが多く、1年くらいしか使いませんでした。
2年目より、税理士さんに勧められた弥生会計で経理をやるようになりました。今でも難しいですが、当時から弥生は難しかったです。自作のエクセルでもいろいろとやりましたが手間がかかるだけでうまくはいかなかったため、渋々、弥生会計に落ち着きました。

 

そして、ここ最近でしょうか。ネット広告でクラウド会計ソフトというものがあると知り、無料で試せるということでやってみました。口座明細データの自動取り込みなど、技術の進歩はすごいなと正直思いました。これがマスターできれば税理士不要でしょと思いました。
freeeとマネーフォワードを体験して、個人事業の方ではマネーフォワード(MFクラウド確定申告)がメインになりました。とても簡単に入力ができます。また、今後は法人の方もマネーフォワード(MFクラウド会計)でやっていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

経営者の方が選んだ会計ソフトは、「MFクラウド確定申告」でした。
これまで使用してきた会計ソフトよりも使いやすいことや、口座明細データの自動取り込みなどが評価のポイントとなったそうです。

 

また、個人事業のほうはまだ規模も小さく、取引件数も少ないので無料会員のまま使用を継続しているそうです。MFクラウドなら無料会員のままでも青色申告書を作成でき、そのまま税務署に提出すれば確定申告もあっさり終了です。無料でここまでできるのは本当にすごいとおっしゃっていました。

 

興味をもたれた方は、ぜひチェックをしてみて下さい。

 

【おすすめのMFクラウド確定申告はコチラ】

関連ページ

扶養内で開業できる?!
旦那の扶養に入ったまま個人事業主として開業した女性の確定申告・青色申告の体験談です。 扶養内のまま開業できる?のでしょうか?
白色申告から会計ソフトを使って青色申告に切り替えた体験談
フリーランスのインストラクターが、白色申告から青色申告へ切り替えた体験談をお届けします。 どんな風に勉強して、どんな会計ソフトを使ったのでしょうか?
税理士に頼むのを止めて自分で確定申告した体験談
自営業のAさんが、税理士に頼むのを止めて、コスト削減のために自分で確定申告するようになった体験談。どんな方法をつかっているのでしょうか?
個人事業主が税理士からクラウド会計ソフトに乗り換えた体験談
年に一度の確定申告。とっても手間がかかりますが、どのように処理していますか?ここでは、個人事業主が税理士任せからクラウド会計ソフトへ切り替え、自力で青色申告した体験談をご紹介します。