前回のステップ7では、自動取得した銀行口座データの仕訳を行いました。
今回は番外編として「アフィリエイト収入が入金された場合の会計ソフトへの入力・仕訳方法」をご案内します。
青色申告に必要な「複式簿記(=発生主義)」での記帳となります。

 

番外編なので、アフィリエイトをやっていない方は次ステップへお進み下さい。

 

 

基本無料のクラウド会計ソフト「MFクラウド確定申告」を用いて、仕訳入力を進めます。

 

↓↓無料会員登録がまだの方はコチラ↓↓

アフィリエイト収入を発生主義で会計ソフトへ入力

確定申告に向けて、アフィリエイト収入を発生主義で記帳していきましょう。

 

自動取得データの入力・仕訳

入力・仕訳

トップメニューの「入力・仕訳」から、「自動仕訳」をクリックします。
会計ソフト入力(売上・入金の仕訳)

 

勘定科目の登録

ここでは、11/20にASP「リンクシェアジャパン」から振り込まれた12,701円を、売上(売掛金)が入金されたとして処理します。
アフィリエイト確定申告
※口座データ自動取得済の場合、画面のように最初から口座の入金詳細が表示されます。

 

口座データの自動取込をしていない場合

以下のような仕訳を「入力・仕訳」→「詳細入力」から手入力してください。
アフィリエイト確定申告
11/20に普通預金が増えて売掛金が減ったという仕訳。

 

なぜ売掛金?

複式簿記の発生主義では、入金日ではなく成果が発生した時点で売上を立てるため。
11/20振込分は、もともと9月分の報酬が翌々月払いで振り込まれたものなので、最初の売上発生は9月末日として入力します(この後入力例を示します)

 

仕訳例
概要 借方 貸方
アフィリエイト報酬9月分が確定(9/30) 売掛金 12,701 売上 12,701
アフィリエイト報酬9月分が入金(11/20) 普通預金 12,701 売掛金 12,701

自動取込データの仕訳はオレンジ色部分を入力しました。この後9/30時点の仕訳も入力します。

 

アフィリエイトの「成果発生」と簿記の「発生主義」は違う!
発生という言葉に惑わされないで!!

アフィリエイターにとって発生といえば「成果発生」。まだ成果が確定していない金額ですね。当然、この確定していない金額を会計ソフトに入力する必要はありません。
アフィリエイト管理画面の「成果確定額」が出てから、実際の振込(入金)までは時間が空くので、「○月の成果確定」したら簿記帳簿上のに売上発生(入金は先になるので売掛金)。
アフィリエイト報酬が実際に振込(入金)されたら、普通預金が増えて売掛金が減るという仕訳処理になります。
※成果額があとから調整されることも多いので、私の場合は振り込まれた後に、さかのぼって売上発生を入力しています。

 

9月末時点の売上発生をさかのぼって入力

入力・仕訳

トップメニューの「入力・仕訳」から、「詳細入力」をクリックします。

 

詳細入力

以下のように「日付」 「借方:売掛金」 「貸方:売上」 「金額」を入力します。
アフィリエイト確定申告
必要に応じてメモ欄を活用するのも良いでしょう(リンクシェア9月分成果 等)

 

このように、複式簿記の発生主義では「売上発生」と「実際の入金」、2段階に分けた仕訳が必要となります。
面倒ですが節税効果の高い青色申告には必須の処理なので、頑張りましょう(すぐ慣れます、仕訳ルールとして保存してしまえばラクになっていきます)

 

※売上発生のタイミング
私は9月分は9月末で最初の売上発生としていますが、もし「成果確定のメール」や「ASP管理画面」等で成果確定の日付が明確になるなら、その日付で最初の売上を記帳するのが良いでしょう。
後からキャンセルが出て、成果がマイナス調整されたりと、どのタイミングで確定とすればよいのか私も悩むときがあります。
→キッチリ知りたい、という方は税務署に質問するか、税理士さんに相談してみてください。

番外編として、アフィリエイター向けに「アフィリエイト報酬の会計ソフト入力方法」をお届けしました。
次ステップから「会計ソフトの使い方:初めての確定申告」連載に戻ります。

 

難しい複式簿記の表にするのも、確定申告書を作るのも、会計ソフトがやってくれます。入力だけ頑張りましょう!

 

 

疑問・質問が残った方はMFクラウド確定申告のヘルプページも参照してみて下さい。

 

また、実際の入力で悩んだら、無料のサポートへ問い合わせてみて下さい。
無料会員のままでもサポートが受けられます!

 

↓↓無料会員登録がまだの方はコチラ↓↓

関連ページ

1.開業届と青色申告承認申請書
ここでは、確定申告に必要な事前準備、開業届と青色申告承認申請書についてご紹介します。 ※個人事業主・フリーランス向け
2.必要書類を集めよう
確定申告の準備として、まずは会計ソフトへの入力前に必要書類を集めましょう。請求書や領収書など、必要書類をご案内。
3.会計ソフトの初期設定
初めての確定申告に向けて、いよいよ会計ソフトの操作に入ります。まずは初期設定。「メール認証」と「事業所登録」を済ませ、ソフトを使えるようにします。
4.口座情報の自動取り込み
確定申告のために、ここでは口座情報を会計ソフトに自動で取り込む方法を説明します。自動取り込みなら1件1件入力する手間が省けますし、数字の入力間違いもありません。
5.開始残高の登録
初めての確定申告ステップ5です。 ここでは、取込データの仕訳を始める前に、開始残高の登録をします。貸借対照表の転記や元入金計算など。
6.勘定科目とは?
初めての確定申告、簿記の経験が全くない場合には、そもそも仕訳するための「勘定科目」もわかりません。ここでは、簿記と勘定科目について説明します。
7.自動取得データの仕訳(振込された売上・入金の処理)
これまでのステップで自動取得した口座明細データを、仕訳する方法をご案内します。 まずは、振込された報酬(売上収入・入金額)の仕訳方法について
8.口座から生活費を引き出し
今回は銀行口座のお金を、生活費として引き出す際の仕訳を会計ソフトで解説します。これまでのステップで自動取得した、口座明細データを使用して解説します。
9.交通費の精算
確定申告のやり方、いよいよ会計ソフトに経費を入力していきます。まずは手始めに交通費から経費処理を開始します。
10.経費の入力(備品・書籍・電話代等)
確定申告のやり方。会計ソフトへの経費入力ですが、ここでは備品や書籍・電話代などを、勘定科目を紹介しながら具体的な入力方法までご紹介します。
11.【家事按分】家計と事業にまたがる経費を分ける
確定申告で戸惑うことの多い「家事按分」。自宅兼事務所や車の経費は、使用率や占有面積で「事業」と「家計」に分ける必要があります。でも計算が面倒・・・会計ソフトで自動計算すれば簡単ですよ!
12.固定資産の減価償却
計算が面倒な固定資産の減価償却。確定申告で戸惑うことも多いのではないでしょうか?会計ソフトなら耐用年数を入力すればあとは自動計算。もう怖くありません。
13.貸借対照表&損益計算書の作成
初めての確定申告シリーズとして、これまで収入・支出に経費・家事按分・固定資産に減価償却と入力を進めてきました。ここでは、決算処理の第一段階として、貸借対照表と損益計算書を作成します。
14.確定申告書B&青色申告決算書の作成
初めての確定申告シリーズ、いよいよ決算書の作成に入ります。ここでは、会計ソフトを用いて確定申告書と青色申告決算書を作成します。