会計ソフト初期設定:メール認証と事業所登録|初めての確定申告3

ここでは、基本無料のクラウド会計ソフト「MFクラウド確定申告」を用いて、初めての確定申告を「手取り足取り」サポートします。

 

 

まずは↑【無料でお試し】↑をクリックして、登録画面に進みましょう。

 

登録方法

1.メールアドレス入力

入力画面

  1. メールアドレス
  2. パスワード
  3. 都道府県

最初に入力するのはこれだけです。

 

2.データ連携の設定

連携画面
データ連携したい金融機関をチェックします。
よくわからなければ、後から連携することも可能です。

 

3.料金プランの選択

料金プラン

  • まずは無料で試したい!
  • 月間仕訳件数が少ない(15件/月)

このような方は無料プランでOKです!

 

初回ログイン後の「MFクラウド確定申告」初期設定について

初回ログイン後は、TOP画面に「メール仮認証」「設定未確認」と表示されます。

 

未設定

 

1.メールアドレス認証

申込時に登録したメールアドレスに、MFクラウドからの「登録確認メール」が届いているはずです。

メール件名:【Money Forward】メールアドレスの認証を行ってください

 

メール認証

 

メール内に表示されたURL【赤枠】をクリックすることで、メールアドレスの認証が完了します。
ただし、この認証用URLは有効期限(72時間以内)があります。
※セキュリティ対策のため

 

もし期限を過ぎた場合は、メール内下部にある再送信のリンクより、認証メールを再送することができます。

 

メールアドレス認証がうまく行くと、MFクラウドTOP画面の「メール仮認証」の表示が消えます。

 

2.事業所登録(事業内容の設定)

再度ログインすると、TOP画面に事業所登録を求める画面が表示されます。。

 

事業所登録

 

「詳細はコチラ」をクリックしたら、「事業所の設定」へ進みましょう。

 

・事業所名(屋号のある人は屋号、ない人は個人名)
・申告区分(青色申告白色申告
※青色申告と白色申告の違いについてはコチラ
・業種区分(製造業・飲食業・運送業なとの業種を選択し入力します)
その他、都道府県や会計期間、課税形式などの必須項目を入力していきます。

 

※入力枠にマウスカーソルを合わせると、項目ごとに内容の解説が表示されます。
初めての登録でも簡単に入力できるようになっています。
会計ソフト初期設定

 

すべての入力が終わったら、左下の「設定を保存」ボタンを押して下さい。

 

これで事業所登録は完了です。MFクラウドTOP画面の「設定未確認」の赤文字表示が消えます。

 

※注意
「事業所登録画面」を一度開いた後、完了しないままブラウザ画面を閉じたりすると、次のログイン時には設定が完了していないにも関わらず「設定未確認」の赤文字表示がトップ画面から消えてしまいます。
→この場合はあわてずに、画面上部メニュー「設定」→「事業所・年度の設定」と進めば事業所登録画面が表示されます。

 

ここまでの登録は比較的簡単にできましたよね?
次からは「銀行取引データの自動取込」や「経費」の入力などに進んでいきましょう。

 

未登録の方はコチラから

基本無料の会計ソフト「MFクラウド確定申告」
↓↓まずは無料でお試し↓↓

関連ページ

1.開業届と青色申告承認申請書
ここでは、確定申告に必要な事前準備、開業届と青色申告承認申請書についてご紹介します。 ※個人事業主・フリーランス向け
2.必要書類を集めよう
確定申告の準備として、まずは会計ソフトへの入力前に必要書類を集めましょう。請求書や領収書など、必要書類をご案内。
4.口座情報の自動取り込み
確定申告のために、ここでは口座情報を会計ソフトに自動で取り込む方法を説明します。自動取り込みなら1件1件入力する手間が省けますし、数字の入力間違いもありません。
5.開始残高の登録
初めての確定申告ステップ5です。 ここでは、取込データの仕訳を始める前に、開始残高の登録をします。貸借対照表の転記や元入金計算など。
6.勘定科目とは?
初めての確定申告、簿記の経験が全くない場合には、そもそも仕訳するための「勘定科目」もわかりません。ここでは、簿記と勘定科目について説明します。
7.自動取得データの仕訳(振込された売上・入金の処理)
これまでのステップで自動取得した口座明細データを、仕訳する方法をご案内します。 まずは、振込された報酬(売上収入・入金額)の仕訳方法について
番外編.アフィリエイト収入の仕訳
確定申告について。ここでは、簿記の発生主義のルールに基づいてアフィリエイト収入を仕訳、会計ソフトへの具体的な入力方法をご紹介します。
8.口座から生活費を引き出し
今回は銀行口座のお金を、生活費として引き出す際の仕訳を会計ソフトで解説します。これまでのステップで自動取得した、口座明細データを使用して解説します。
9.交通費の精算
確定申告のやり方、いよいよ会計ソフトに経費を入力していきます。まずは手始めに交通費から経費処理を開始します。
10.経費の入力(備品・書籍・電話代等)
確定申告のやり方。会計ソフトへの経費入力ですが、ここでは備品や書籍・電話代などを、勘定科目を紹介しながら具体的な入力方法までご紹介します。
11.【家事按分】家計と事業にまたがる経費を分ける
確定申告で戸惑うことの多い「家事按分」。自宅兼事務所や車の経費は、使用率や占有面積で「事業」と「家計」に分ける必要があります。でも計算が面倒・・・会計ソフトで自動計算すれば簡単ですよ!
12.固定資産の減価償却
計算が面倒な固定資産の減価償却。確定申告で戸惑うことも多いのではないでしょうか?会計ソフトなら耐用年数を入力すればあとは自動計算。もう怖くありません。
13.貸借対照表&損益計算書の作成
初めての確定申告シリーズとして、これまで収入・支出に経費・家事按分・固定資産に減価償却と入力を進めてきました。ここでは、決算処理の第一段階として、貸借対照表と損益計算書を作成します。
14.確定申告書B&青色申告決算書の作成
初めての確定申告シリーズ、いよいよ決算書の作成に入ります。ここでは、会計ソフトを用いて確定申告書と青色申告決算書を作成します。